駆除前にできること|プロに任せることでイタチ退治も素早くできます
女性

プロに任せることでイタチ退治も素早くできます

駆除前にできること

シロアリ

インテリア家具にも注目

外来種となる乾材を好むシロアリも存在し、湿気を含む木材のみならず、乾燥した木にも生息しています。素人目には、住宅の床下からの侵入をシャットアウトする対策が講じられていますが、外来種のシロアリは輸入材、家具に潜んで侵入するのが特徴です。近年、インテリア家具も輸入品が増え、知らず知らずにシロアリを招き入れていることも挙げられています。また被害が隣近所で出ていれば、飛来してくる可能性も否定できず、対策は必須です。例えば、外来種であるカンザイシロアリは、海外との貿易の盛んな港町がある地域に多く、基本となる対策には点検があります。特に木造住宅の場合は定期的に駆除・退治、再防蟻処理を周期的に行いますが、一般的には5年を目安とし、土壌や土台を中心に薬剤処理や注入、打ち込みなどを行います。もちろん、輸入家具類も点検が必要です。

好まない空間づくり

主に土台や柱などが被害にあうため、近年問題視されている地震の際にシロアリが原因で戸建てが倒壊するケースもあります。実際の震災の際にもシロアリによる被害で全壊した建物もあったほどで、対策は暮らしには必要です。好む場所を把握する一工夫で、こまめな監視が可能です。例えば、暗くて湿気がこもり、暖かい場所や木材が使われている場所に住み着く可能性が、最も大きいと言われています。対策として、反対の環境へと改善させることも手の1つで、風通しを良くするために床下の換気システムを導入します。もちろん、自然換気、機械による強制換気をどのようにするかが大切なポイントです。住宅と害虫事情に詳しいのは工務店で、シロアリの発生なども解体現場などで確認しているため、専門の業者を紹介してくれる利点が挙げられ、素人でもできる対策です。